アンチエイジングに効果的と注目されているDHAとEPAですが、その効果は本当にあるのでしょうか。健康効果があることは有名なこのふたつの成分ですが、特に女性にとって気になるアンチエイジングにも効果的なのです。そんなDHAとEPAのアンチエイジング効果を見ていきましょう。

アンチエイジング

 

細胞の生まれ変わりを助ける

 

DHAとEPAには代謝機能を助ける働きがあります。アンチエイジングは肌だけに限りません。体の老化に逆らうことすべてにアンチエイジングの定義が当てはまると考えられています。体にとって余分な老廃物を積極的に排出させ、細胞から新たに生まれ変わらせることが、真のアンチエイジングへとつながります。DHAとEPAはそのサポートができると考えられています。

 

体の酸化を防ぐ

 

DHAとEPAは抗酸化作用の強い成分だと言われています。老化の原因は酸化にありますし、酸化が進むのを防ぐことはアンチエイジングにつながる大きな手段です。酸化や糖化は中性脂肪やコレステロールが過酸化脂質化することを意味します。抗酸化作用の強い成分はこの進行を遅らせることができる重要な成分です。

 

 

中性脂肪やコレステロールを減少させる

 

中性脂肪やコレステロールの増加は生活習慣病やその他の病気になる多くな原因のひとつです。この中性脂肪やコレステロールは、体に悪い影響を与える活性酸素によって過酸化脂質へと変化すると言われています。過酸化脂質化した中性脂肪やコレステロールは細胞に悪影響を与えてしまい、老化へと突き進んでしまいます。その原因となる中性脂肪とコレステロールを減少させる効果があるDHAとEPAは、アンチエイジング効果があると言えるでしょう。

 

 

そもそも、アンチエイジングって?

 

雑誌やテレビなどでも良く出てくる言葉、アンチエイジング。老化に逆らうという大きな意味を持っているこの言葉は、特に女性なら注目していることのひとつではないでしょうか。アンチエイジングとはそもそも何なのかを解説します。

 

アンチエイジングとは

 

アンチエイジングとは老化に逆らうことを意味します。かと言って老化が進むのを止めることはできませんから、できるだけその老化現象をゆっくりしたペースで、遅らせることができるかということになります。アンチエイジングと言えばどうしても肌のことを考えますが、本来のアンチエイジングの意味は肌や皮膚のことだけではなく、身体全体の外的アンチエイジング、そして精神的な面も含まれる内的アンチエイジングと、その定義は幅広いものになります。

 

 

アンチエイジングは肌だけに限らない!

 

アンチエイジング化粧品の多様化によって、特に女性の若さへの追及心はどんどん大きくなっています。見た目の美しさや若さを追い求める人が多いように思いますが、アンチエイジングは肌だけに限ったことではなく、身体の中から若返ること、老化を遅らせることに他なりません。DHAやEPAのアンチエイジングに注目が集まる理由のひとつも、体の中から綺麗になろうとする、その方法に多くの女性がひきつけられているためなのかもしれません。

 

アンチエイジング商品あれこれ

 

アンチエイジング関連のアイテムはとても豊富。代表的なものはアンチエイジング成分の配合されたスキンケア化粧品でしょう。中にはメイクアップ用品にもアンチエイジング成分が配合されているものもあります。食品、美容器具、サプリメント、ヘアケア製品、そして美容クリニックでの施術など、挙げればキリがありません。氾濫するアンチエイジングアイテムの中で、どれが自分に必要なものなのかを判断することが大切です。

 

アイテムの選び方はこちらを見てね


自己紹介