オメガ3脂肪酸は不飽和脂肪酸の仲間です。不飽和脂肪酸にはオメガ3の他に、オメガ6とオメガ9があり、実はこのバランスこそが、効果を発揮できるかどうかのポイントなのです。どのようなことが大切なのか見ていきましょう。

 

バランス

 

オメガ3の仲間であるオメガ6とオメガ9

 

オメガ3脂肪酸には、同じ不飽和脂肪酸の仲間がいます。それがオメガ6脂肪酸オメガ9脂肪酸です。

 

オメガ6脂肪酸
  • アラキドン酸・γリノレン酸・リノール酸がこれに当てはまる
  • オメガ3と同じ体内合成できない必須脂肪酸
  • コーン油・ゴマ油・大豆油・紅花油・サフラワー油・綿実油・アーモンド・くるみなどに多く含まれている
  • 生活習慣病予防効果や悪玉コレステロールの減少・アレルギー症状の緩和などの効果がある
  • 摂取しすぎると、悪玉コレステロールと同時に善玉コレステロールまで減少させてしまうため注意が必要

 

オメガ9脂肪酸
  • オレイン酸がこれに当てはまる
  • 体内合成可能
  • オリーブオイル・キャノーラ油・ひまわり油・ヤシの実・米ぬか油・カシューナッツ・アボカドなどに多く含まれている
  • 動脈硬化改善効果や便秘改善効果、コレステロール減少効果などがある
  • オメガ3やオメガ6は酸化しやすく熱に弱いが、オメガ9は熱に強い脂肪酸である

 

オメガ3脂肪酸との黄金バランスとは

 

オメガ3脂肪酸の効果を最大限にアップさせるためには、同じ不飽和脂肪酸であるオメガ6との摂取バランスがとても重要であると言われています。その黄金バランスがこちらです。

 

オメガ3:オメガ6=1:4

 

どちらも多く摂取しすぎても、そしてもちろん不足しても効果はあまり期待できず、この黄金バランスによってお互いの効果をさらにパワーアップさせることができます。


自己紹介