高価なコスメをフル活用しても、なかなか美肌になれない、そんな人はもしかすると、体の内側が健康でないのかもしれません。

 

きれいになるには体の内側から磨くのは鉄則。そんな内側美人のサポートをしてくれるのがDHAとEPAなのです。どのようなサポート効果があるのでしょうか。

 

お腹を押さえる人

 

便秘が肌に良くない理由

 

もう何日もお通じがないという女性は多いのではないでしょうか。女性はホルモンや骨盤の影響で便秘になりやすく、さらに男性よりも筋肉量が少ないことから、排便する力も弱いため、さらに症状が悪化しやすいと言われています。

 

では、その便秘が肌に良くないと言われるのはなぜなのでしょうか。便秘は善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れ、腸内環境が悪化したことによって起こります。

 

悪玉菌や蓄積された排泄物からは有害物質が排出されています。そんな有害物質は、腸から血管内へと入り込み、体中を巡ってしまいます。もちろん皮膚にも到着し、肌荒れニキビくすみなどさまざまな症状が現れ始めるのです。

 

DHA・EPAの便秘改善効果とは

 

DHAやEPAにはさまざまな健康効果がありますが、その中には便秘解消効果も挙げられます。

 

  • 血行を良くし、酸素や栄養素が行き届きやすくする
  • 腸内環境を整え、腸のぜん動運動をサポートする

 

DHAもEPAも健康にとてもいいとされるオメガ3系オイルの代表のような成分です。オメガ3は、腸内フローラを整える効果があるとされており、積極的に摂取したい成分のひとつでもあります。

 

血行を良くし、またぜん動運動がしやすくなることによって腸の働きをサポートしてくれます。


自己紹介