体内合成できない必須脂肪酸として、積極的な摂取が勧められているオメガ3のひとつであるDHAとEPAですが、体にとてもいい働きをする健康油として知られています。

 

そんなDHAとEPAには、美白効果もあるとして女性を中心に注目を集めているというのです。DHAとEPAに美白効果があるのでしょうか。

 

美肌の女性

 

DHAとEPAの美白効果とは

 

DHAとEPAの効果といえば脳細胞の活性化や血液サラサラ効果などが代表的なものです。ですが、この2つの成分には美肌効果美白効果もあるんです。

 

DHA

化粧品などにも使用されるほど肌のうるおいを維持する効果があります。幹細胞脂質の代わりになってくれ、セラミドのような働きをします。そのためふっくらとハリのある美肌を維持できるのです。ニキビやくすみの解消効果もあります。

 

EPA

EPAには血液の循環を良くする働きを持っているため、体の巡りを良くし、有害物質を体外へと排出する効果があります。体の中からきれいになることで、くすみを解消する美白効果がアップすると言われています。

 

どうしてDHAとEPAに美白効果があるのか

 

体を錆させたり老化させたりする物質を活性酸素と言います。この活性酸素を発生させないことがいつまでも若々しくいることの秘訣ですが、活性酸素が発生すると、体の細胞は酸化したり糖化するようになります。

 

これを食い止める働きがDHAとEPAにあるのです。酸化や糖化を食い止めると、肌はスムーズに生まれ変わり、いわゆるターンオーバーを行います。

 

古い角質がうまく剥がれ落ちることで、メラニンを除去。シミができにくい美肌に整えることができる仕組みです。


自己紹介