動物性オメガ3と植物性オメガ3のとはどのようなものなのでしょうか。比べるとどのような違いがあるのか、またどちらを選んだ方がいいのかなどを調査してみました。

 

魚

 

動物性オメガ3と植物性オメガ3とは

 

健康にとてもいい働きをするとして、さまざまなメディアに取り上げられることが多いオメガ3脂肪酸ですが、実は動物性オメガ3植物性オメガ3に分かれているというんです。どのように分類されているのでしょうか。

 

オメガ3にはDHAとEPA、そしてαリノール酸が属しており、このように分かれます。

 

動物性オメガ3・・・青魚に多く含まれるDHAとEPA

植物性オメガ3・・・エゴマ油、亜麻仁油、チアシード、グリーンナッツオイルなどに含まれるαリノレン酸

 

αリノレン酸は体内に入ると、DHAやEPAへと変換されます。

 

どっちを選べばいいの?

 

動物性オメガ3と植物性オメガ3があると聞くと、より効果的なのはどちらなのか、どちらを選べばいいのかなどの疑問がわいてくると思います。

 

ですが、αリノレン酸は体内でDHAとEPAに変換されるため、どちらも同じ働きをすることには変わりありません。ただし、自分のライフスタイルや体調などによって使い分けると便利です。

 

例えば、DHAとEPAを青魚で摂取しようとした場合、マグロなどに微量に含まれる水銀が少しだけ気になります。特に妊娠中のプレママにとってはとても気になるところです。そんな場合は、植物性オメガ3のオイルで摂取するといいですね。

 

また、魚嫌いな人や魚を毎日摂取するのは少し厳しいと感じている人なども同じです。植物性オイルであれば、スプーン1杯程度で摂取可能なため、好みやライフスタイルなどで上手に選んでください。


自己紹介