さまざまな健康効果を持っているDHAとEPAですが、このふたつの成分には美肌効果やアンチエイジング効果も含まれています。その効果を余すことなく取り入れるために、どのように摂取すれば良いのでしょうか。より効果的な摂取方法はあるのかを見ていきましょう。

 

 

DHAとEPAを同時摂取する

 

DHAとEPAは同じ不飽和脂肪酸であり、体内合成できない必須脂肪酸です。青魚に特に多く含まれており、とても良く似た面をたくさん持っています。ですが、このふたつの成分はその働きや効果に違いがあり、同時に摂取することで相乗効果が生まれます。DHAもEPAもコレステロール減少に効果的ですが、EPAは中性脂肪値にも積極的に働きかけるため、体内環境を整え美肌やアンチエイジング効果をアップさせたい人にはおすすめの摂取法です。

 

 

抗酸化作用成分配合のものを選ぶ

 

アンチエイジング効果を高めるならば、DHAとEPAと一緒に摂取する成分にもこだわるべきだと考えます。アンチエイジングで大切なことは、酸化や糖化をくい止めることです。そのためには抗酸化作用の強い成分が必要となってきます。DHAやEPAにも抗酸化作用はありますが、より強い成分であるビタミンEやビタミンC、プラセンタ、ポリフェノールなどと一緒に摂取することで、より高い効果を得られるでしょう。

 

サプリメントの種類についてはこちらを見てね

 

 

摂取し過ぎは逆効果!

 

DHAとEPAの1日の理想摂取量は1000mg〜1500mg程です。これらの成分は健康にも良いもので、子供からお年寄りまで、幅広い世代の人に愛飲されています。お腹に赤ちゃんのいるプレママも例外ではないのですが、妊娠中のマグロの食べ過ぎに注意喚起されているように、魚には微量の水銀が含まれていることに注意してください。そこまで神経質になる必要はありませんが、DHAもEPAも魚の油であることは間違いありません。基本的な摂取量を守っていれば問題はありませんので、摂りすぎないように注意してください。


自己紹介