DHAやEPAはサプリメントとしても人気のある体にいい油のひとつです。

 

このDHAとEPAはどちらともオメガ3脂肪酸に属していますが、このオメガ3脂肪酸はさまざまな媒体で特集が組まれるほど注目を集めているのです。DHAとEPAが属するオメガ3脂肪酸について少し詳しく解説します。

 

オメガ3オイル

 

DHAとEPAは不飽和脂肪酸の仲間

 

DHAとEPAは脂質、いわゆる油の一種です。油と聞くと、健康にとってあまりいい印象がないのが一般的ですが、実は油にもさまざまな種類があるのです。脂質は飽和脂肪酸不飽和脂肪酸に分かれており、DHAとEPAは不飽和脂肪酸に属しています。

 

飽和脂肪酸

主にバターや牛脂、ラードなどに多く含まれる脂質で、動物性のものが多くあります。特徴としては低温で固まります

 

不飽和脂肪酸

主にエゴマ油、魚油、オリーブオイル、ゴマ油などに多く含まれる脂質で植物性のものが多くあります。特徴としては低温でも固まらずさらさらのままです。

 

飽和脂肪酸を摂取しすぎると、中性脂肪やコレステロールを増加させ、生活習慣病の原因となると言われています。

 

多価不飽和脂肪酸であるオメガ3

 

不飽和脂肪酸の中でも炭素の結合が1つだけの一価不飽和脂肪酸と2つ以上の多価不飽和脂肪酸に分かれています。

 

  • 一価不飽和脂肪酸・・・オメガ9脂肪酸
  • 多価不飽和脂肪酸・・・オメガ3脂肪酸・オメガ6脂肪酸

 

多価不飽和脂肪酸に位置するオメガ3脂肪酸はDHAやEPAの他にαリノレン酸があります。

 

  • DHAとEPA・・・青魚に多く含まれる
  • αリノレン酸・・・エゴマ油や亜麻仁油、クルミなどのナッツに多く含まれる

 

どちらも体内で合成することができない必須脂肪酸であるため、積極的に摂取する必要があると言われています。

 

オメガ3の働きや効果

 

健康維持に効果的だといわれ注目を集めているオメガ3脂肪酸には、このような健康効果が期待できます。

 

  • 動脈硬化や糖尿病などの生活習慣病を予防
  • 血液をサラサラにし血栓ができるのを予防
  • 脳細胞を活性化し学習能力や記憶力の向上
  • 美肌効果
  • うつ病予防
  • アレルギー症状の改善

 

このような効果を得るために、1日1000mgのオメガ3脂肪酸を摂取することが望ましいと厚生労働省が推奨しています。


自己紹介