DHAやEPAがさまざまな健康効果を私達にもたらしてくれる重要な栄養成分であることは有名ですが、実はこのDHAとEPAはその他にも魅力的なパワーを秘めている成分なのです。それはアンチエイジング効果。すべての女性に伝えたい、DHAとEPAのアンチエイジング効果のメカニズムについて解説します。

 

n-3系脂肪酸(オメガ3)の大切さ

 

DHAとEPAがアンチエイジングに効果的だと言われる理由のひとつは、n-3系脂肪酸、いわゆるオメガ3に属していることです。健康に良いとされる脂肪酸、不飽和脂肪酸には数種類ありますが、だいたいどれも毎日の生活の中で十分に摂取できているもの。その中で唯一このオメガ3系脂肪酸だけが足りない状態にあります。このオメガ3系こそ、アンチエイジングの鍵を握っているのです。

 

 

抗酸化作用

 

DHAとEPAには抗酸化作用があります。抗酸化作用とは酸化を防ぐ作用のこと。老化の大きな原因のひとつは酸化、糖化にあります。肌だけではなく、細胞レベルの酸化や糖化では、アンチエイジングの敵であると言えるでしょう。酸化を防ぎ、過酸化脂質へと変化させないことが、アンチエイジングへの第一歩となるのです。

 

抗酸化作用を高めるサプリメントについてはこちらを見てね

 

 

コラーゲンとの関係

 

コラーゲン

コラーゲンは肌のハリや潤い、弾力など、美肌には欠かせない美容成分のひとつです。コラーゲンは年齢とともにどんどん減少していき、そのピークはだいたい20歳前後と言われています。コラーゲンを作り出す力も減少していくため、老化は加速していくばかり。DHAとEPAはそんな美肌成分であるコラーゲンの生成を高めサポートしてくれるという働きもあると言われています。そのためDHAとEPAはアンチエイジング効果の高い成分として注目されています。


自己紹介